フェロー制度

当学会では平成24年度にフェロー制度を発足させました。
フェロー制度創設の目的は、航空宇宙工学と社会および本会の発展に顕著な貢献をなし、現在も活躍中の正会員に日本航空宇宙学会フェローの称号を授与することで、本会会員の地位を向上させると共に、国際活動をより円滑にし、更には本会のより一層の活性化を図ることであります。
慎重な選考結果をもとに、理事会において、これまでに航空宇宙工学分野と社会および、本会の発展に顕著な貢献をなされた会員に、フェローの称号を授与させていただくことになりました。

第50期 平成30年(2018年)度 認定者

   竹ケ原春貴、 巽重文、 並木祐之、 小笠原俊夫、 桜井誠人、 徳川直子、 中北和之

フェロー制度に関する内規
フェロー認定者一覧