優秀発表賞(理事会)

日本航空宇宙学会 優秀発表賞

第44期理事会にて学会活性化のために、優秀な講演に対して学生を対象に”優秀発表賞”を設けました。学生発表者数の10%を超えない人数を選考し、学生会員であることが受賞の条件です。

2018年10月24日(水)〜26日(金)
第62回宇宙科学技術連合講演会

【題目】小型マイクロ波放電式中和器内部を対象とした電子輸送過程の3次元粒子計算
【受賞者】佐藤 陽亮(横浜国立大学)

【題目】超小型衛星による地球観測のための汎用的な露光調整手法の提案
【受賞者】長瀬 友佑(東京理科大学)

【題目】地球-月系ラグランジュ点における朔望周期軌道の日陰特性
【受賞者】近澤 拓弥(東京大学)

【題目】レゴリスからのアルミニウムおよび酸素の獲得を目指したCWレーザーアブレーションによるアルミナ還元
【受賞者】田中 聖也(東京大学)

【題目】重力天体への軟着陸を実現する衝撃吸収用ポーラス金属の設計
【受賞者】松尾 彗司(首都大学東京)

【題目】エアロキャプチャによる抗力制御を用いたロバストな火星周回軌道投入のための軌道設計手法の研究
【受賞者】村田 裕亮(東京大学)

2018年7月3日(水)〜6日(金)
第50回流体力学講演会/第35回航空宇宙数値シミュレーション技術シンポジウム

【題目】画像処理法の導入による低コストで問題依存性のない衝撃波検知法の開発
【受賞者】藤本 剛史(横浜国立大学)

【題目】バブル型渦崩壊現象の軌道構造とテンソル不変量に関する考察
【受賞者】山田 健翔(東京大学)

【題目】翼周り流れ場の非定常PIV計測データに基づく低次元線形モデル構築に関する研究
【受賞者】南海 昂輝(東北大学)

2018年4月19日(木)〜20日(金)
第49期年会講演会

【題目】フォーメーションフライトによる合成開口望遠鏡のための高精度位置・姿勢制御に関する研究
【受賞者】鈴本 遼(東京大学)

【題目】任意パラメータ方向に拡張された動的モード分解の定常流CFD解析への適用
【受賞者】鈴木 隆洸(東京大学)

【題目】超小型水スラスタの推進剤供給システムにおける常温下での液滴蒸発挙動とその熱評価
【受賞者】西井 啓太(東京大学)

【題目】非対称突起物を有する細長物体空力特性についての超音速風洞試験
【受賞者】河内 和観(横浜国立大学)

過去の受賞者

日本航空宇宙学会 優秀発表賞・受賞者一覧

2012年~2016年
2017年