大学から見た将来型宇宙輸送システムの技術課題

  1. オーガナイザ

    九州大学大学院工学研究院航空宇宙工学部門 麻生 茂

  2. 構成
    1. 第1希望 二日目の午前と午後 20分×13件+40分の討論
    2. 第2希望 一日目の午前と午後 20分×13件+40分の討論
    3. 第3希望 一日目の午後と二日目の午前 20分×13件+40分の討論
  3. 概要

    将来型宇宙輸送システムの開発にむけて、空力、制御、構造・材料、推進、軌道、有人宇宙活動等の種々の学問分野から論ずる。

トップページに戻る