開催趣旨

本講演会は、航空及び宇宙関係の推進技術に関する国内最大の講演会として回を重ね、我が国の航空・宇宙推進技術の発展に寄与してまいりました。

アジア地域における関連分野の交流が広がりと深まりを増すのに応え、近年は日本・韓国・中国の連合講演会 “Asian Joint Conference on Propulsion and Power : AJCPP” を隔年で開催しておりますが、今回お知らせする第53回講演会は日本単独での開催となります。 年度末でお忙しいこととは存じますが,多くの方にご参加いただければ幸いです。

主催

日本航空宇宙学会(原動機・推進部門委員会)

協賛

日本機械学会,日本ガスタービン学会,日本航空技術協会

開催案内

開催日

会場



交通




平成2534日(月)〜5日(火)

倉敷市芸文館
岡山県 倉敷市 中央1-18-1


JR倉敷駅前より徒歩で15分
市役所・吉岡方面行バス(倉敷駅南口バス乗り場3・4番)で中央2丁目(倉敷芸文館)下車すぐ
詳しくは こちら をご覧下さい。
倉敷市芸文館 (提供:倉敷市芸文館)

 
倉敷美観地区
(提供:倉敷観光コンベンションビューロー)



瀬戸内海
   (提供:倉敷観光コンベンションビューロー)



講演募集

内容

今回は次のようなセッションを計画しています。

企画講演

(OS-1)

「革新的宇宙推進技術:ソーラー電力セイル・磁気セイル」
オーガナイザ:宇宙航空研究開発機構 船木 一幸 教授、細田 聡史 氏


ソーラー電力セイル(左)、磁気セイル(右)の概念図
(提供:宇宙航空研究開発機構)

(OS-2)

「航空宇宙先端材料の研究開発動向」
オーガナイザ:東京大学 藤本 浩司 教授、上西 幸司 准教授


CFRPへの柔軟体の衝突解析
(提供:宇宙航空研究開発機構)

一般講演

  1. 航空機用エンジン技術
  2. 極超音速ジェット推進
  3. 化学ロケット(液体,固体,ハイブリッド)
  4. 衛星化学推進
  5. 電気推進、先端推進
  6. 革新的航空推進技術
  7. 流体・伝熱技術(ターボ機械,ノズル)
  8. 燃焼技術(燃焼器)
  9. 材料・構造技術
  10. 音響・騒音

講演分野はプログラム編成の都合上、 ご希望の分野以外に変更させて頂くことがあります。


講演時間
1題につき20分(討論5分を含む、各学協会規定普通講演に相当)

講演言語


日本語
(英語も可)



講演申込

方法


本講演会での発表を希望される方は、 学会ホームページ上の"講演会参加申込"ページからお申込み下さい。アカウント登録後にお送りするメールにリンクされたページで
”第53回航空原動機・宇宙推進講演会”を選択していただき、著者名、連絡先、概要(200字程度)をご登録願います。
お申込み後すぐに採否に係らず、申込み完了をお知らせする電子メールを返送いたします。
何らかの障害により、ホームページからのお申込みができない場合、"問合せページ"
[宛先]プルダウンメニューから[原動機・推進]を選んでその旨をお知らせください。

申込締切
平成241019日(金)
申込み受付を締め切りました。
多数の申し込み誠にありがとうございました。


審査

講演申込書は当委員会で審査後、
11月12日までに申込採否通知を電子メールまたはFAXにて返信いたします。
この期日までに採否通知が無い場合は、申込みが受付けされておりませんので、
11月19日までに"問合せページ"[宛先]プルダウンメニューから[原動機・推進]を選んでその旨をお知らせください。


学生賞 学生による講演から複数件を後日「学生賞」として表彰いたします。
審査対象としてエントリーを希望される方は、申し込みの際の備考記入欄に「学生賞審査希望」と明記ください。

原稿執筆要項

講演申込を受理された方は、定められた書式に従い、
[1] アブストラクト原稿 (印刷のうえ講演概要集として当日配布します)
[2] 講演論文原稿 (CD-ROMに収録のうえ当日配布します)
を執筆いただき、
申込採否通知に記載されたページから、期日までに提出願います。

アブストラクト原稿

言語
日本語 (英語も可)
頁数
A4サイズ用紙 1ページ
書式
アブストラクト原稿の見本と作成要領を以下のファイルに示します。
Adobe PDF形式、 MS-WORD97形式

講演論文原稿

言語
日本語 (英語も可)
頁数
A4サイズ用紙 2ページ以上8ページ以下
原則として、ファイルサイズが1件あたり 3MB以下 となるようお願いします。
書式
講演論文原稿の見本と作成要領を以下のファイルに示します。
Adobe PDF形式、 MS-WORD97形式

原稿提出

形式 原則として学会WEBページ電子投稿とします。 アブストラクトおよび講演論文原稿を Adobe PDF 形式で作成のうえ、 下記のWEBページへアップロード願います。
電子投稿が困難な場合は原稿の ハードコピーMS-WORD 形式または LaTeX 形式のファイルを 学会事務局まで郵送してください。
提出先 電子投稿の場合 (推奨)
こちらの原稿受付ページからアップロードください。
PDF原稿のアップロードに際しては採否通知メールでお知らせする【講演番号】と、【電子メールアドレス】の入力が必要になります。

郵送の場合
→ " 〒105-0004 港区新橋1-18-2 (社)日本航空宇宙学会 " 宛て。


提出期限

アブストラクト原稿  
講演論文原稿

平成241217日(月) 厳守
平成241217日(月) 厳守

受付を締め切りました。



参加登録料

本講演会へ出席される方は、当日、会場 にて所属に応じた参加登録料をお支払い下さい(現金のみ)。
参加登録料には、講演概要集 (冊子)と講演論文集 (CD-ROM)の代金が含まれます。

一般(日本航空宇宙学会正会員・協賛学会会員) 10,000円
一般(非会員) 15,000円
学生(日本航空宇宙学会学生会員・協賛学会学生会員) 4,000円
学生(非会員) 6,000円

なお、本講演会開催終了後に講演概要集および講演論文集(CD-ROM)のみをお求めの場合、10,000円(送料500円別)にて頒布いたします。ご希望の方は、日本航空宇宙学会事務局 (Tel:03-3501-0463, Fax:03-3501-0464)までご連絡ください。


懇親会・見学会参加料

講演会へ参加登録をされる方で、懇親会ならびに見学会への参加をご希望される方は、
平成25年1月31日 までに"問合せページ" [宛先]プルダウンメニューから [原動機・推進]を選んでその旨をお知らせください。いずれも定員に達し次第、参加受付を終了いたします。
ご参加頂けることとなりました方は、当日会場にて下記参加費をお支払い下さい。

懇親会 2,000円
見学会 1,500円

受付を締め切りました。



本講演会に関するお問合せはこちらまで・・・


日本航空宇宙学会事務局 (Tel:03-3501-0463, Fax:03-3501-0464)
日本航空宇宙学会第44期原動機・推進部門幹事 大北 洋治 : 問合せページ
[宛先]プルダウンメニューから[原動機・推進]を選んでください