トップ  >  学会賞  >  過去の受賞者 第12〜16回

受賞者

 

point.jpg 第16回(平成18年度) 受賞者一覧
 
<論文賞>
受賞内容
「低周波燃焼振動噴霧の可視化 」
受 賞 者
田村 洋
(宇宙航空研究開発機構)

高橋 守
(宇宙航空研究開発機構)

坂本 博
(宇宙航空研究開発機構)

佐々木正樹
(宇宙航空研究開発機構)

升谷五郎
(東北大学大学院 工学研究科)

<論文賞>
受賞内容
「カスティリアーノの定理について 」
受 賞 者
近藤恭平
(防衛大学校 システム工学群 )

<技術賞>
受賞内容
「はやぶさ」小惑星探査宇宙船システム 」
受 賞 者
はやぶさプロジェクトチーム
(代表:川口淳一郎 JAXA宇宙科学研究本部)

<技術賞>
受賞内容
「小型超音速実験機(ロケット実験機)の開発および飛行実験 」
受 賞 者
坂田公夫
(宇宙航空研究開発機構)

高見 光
(三菱重工業(株))

大垣正信
(川崎重工業(株))

越岡康弘
(富士重工業(株))

政之
((株)アイ・エイチ・アイ・エアロペース)

<奨励賞>

 
受賞内容
「揮発性の異なる正アルカン液滴の自発点火 」

受 賞 者

森上 修
(ブレーメン大学 ZARM)


<奨励賞>

受賞内容

「Identification of Blimp Dynamics via Flight Tests 」

受 賞 者

山武志
(九州大学大学院 工学研究院)



▲ 戻る

 
point.jpg 第15回(平成17年度) 受賞者一覧

<論文賞>

受賞内容

「複合材料積層板における隣接層内亀き裂の干渉」

受 賞 者

横関 智弘
(宇宙航空研究開発機構 総合技術研究本部)

青木 平
(東京大学大学院工学系研究科 航空宇宙工学専攻)


<論文賞>

受賞内容

「縦渦導入型燃料噴射ストラットの超音速混合燃焼実験(第1報)
―スクラムジェット燃焼器における超音速縦渦列の効果」

受 賞 者

須浪 徹治
(航空宇宙技術研究所 角田宇宙推進技術研究センター)

マイケル ウェント
(クイーンズランド大学機械工学科)

西岡 通男
(大阪府立大学工学部 航空宇宙工学科)

村上 淳郎
(航空宇宙技術研究所 角田宇宙推進技術研究センター)

工藤 賢司
(航空宇宙技術研究所 角田宇宙推進技術研究センター)


<技術賞>

受賞内容

「次世代超音速輸送機用推進システムの騒音低減技術」

受 賞 者

藤綱 義行
(超音速輸送機用 推進システム技術研究組合)

柳 良二
(宇宙航空研究開発機構 総合技術研究本部)

大石 勉
(石川島播磨重工業(株))

木村 秀雄
(川崎重工業(株))

貴志 公博
(三菱重工業(株))

 

<奨励賞>

 

受賞内容

「小型無人機の動特性同定を目的とした風洞内係留飛行試験法」

受 賞 者

深見 浩司(九州大学 大学院 工学府航空宇宙工学専攻)

 

<奨励賞>

 

受賞内容

「1)Numerical Investigations of the Base-Flow Characteristics of  Axisymmetric Aerospike Nozzles

2)Flow Field and Performance Analysis of an Annular-Type  Aerospike Nozzle with Base Bleeding

 3)Flow Field and Performance Analysis of Aerospike Nozzles with  Simplified Clustered Modules」

受 賞 者

伊藤  隆
(宇宙航空研究開発機構 総合技術研究本部)

 

<奨励賞>

 

受賞内容

「スクラムジェット燃焼器内における燃焼形態と壁面熱流束との関係」

受 賞 者

高橋 周平
(岐阜大学工学部 機械システム工学科)



▲ 戻る

 
point.jpg 第14回(平成16年度) 受賞者一覧

<論文賞>

受賞内容

「A Simplified Analysis on a Pulse Detonation Engine Model

受 賞 者

遠藤琢磨
(名古屋大学 〔現〕広島大学大学院工学研究科)

藤原俊隆
(名古屋大学 〔現〕(株)アテス)


<論文賞>

受賞内容

「剥離を有する複合材料補強平板の圧縮挙動に関する数値解析」

受 賞 者

末益博志
(上智大学理工学部)

笠原真樹
(上智大学大学院〔現〕 (株)スーパーホットラインズ)

石川隆司
(航空宇宙技術研究所 〔現 宇宙航空研究開発機構 総合技術研究本部〕


<奨励賞>

受賞内容

「45°デルタ翼の失速域におけるウイングロックの振動機構」

受 賞 者

松野 隆
(名古屋大学大学院 工学研究科)


<奨励賞>

受賞内容

「積層パラメータを用いた複合材板翼の空力弾性特性最適化に関する研究
(第1報)―複合材板翼のフラッタ・ダイバージェンス特性―,
(第2報)―複合材板翼のフラッタ・ダイバージェンス特性最適化―」

受 賞 者

亀山正樹
(東北大学大学院 工学研究科)


<奨励賞>

受賞内容

「Coupled Librational and Orbital Motions of a Large-Scale Spacecraft」

受 賞 者

武市 昇
(東京大学大学工学系研究科 〔現〕宇宙航空研究開発機構 総合技術研究本部)


<技術賞>

受賞内容

「ビジネスジェット「HondaJet ]の開発」

受 賞 者

HondaJetチーム代表
藤野道格(Honda R&D Americas,Inc.)


<技術賞>

受賞内容

「次世代型無人宇宙実験システム(USERS)」

受 賞 者

((財) 無人宇宙実験システム研究開発機構(USEF))
USERS プロジェクトチーム


▲ 戻る

 
point.jpg 第13回(平成15年度) 受賞者一覧

<論文賞>

受賞内容

「ETS-?を用いた宇宙ロボット制御実験」

受 賞 者

吉田和哉
「東北大学大学院 工学研究科」

ドゥラゴミル N.ネンチェフ
「弘前大学理工学研究科 (現 武蔵工業大学)」

橋詰健一
「三菱電機(株)」

安孫子聡子
「東北大学大学院 工学研究科」

小田光茂
「宇宙開発事業団 (現 宇宙航空研究開発機構)」

受賞
コメント
日本航空宇宙学会論文賞をいただき、心から感謝いたします。共同研究者の皆様方にも深く感謝いたします。今後のますますの発展・活躍をお祈り致します。そうして、私も出来る限り貢献をしていきたいと思っております。
「ドゥラゴミル N. ネンチェフ」

この度は日本航空宇宙学会論文賞という名誉ある賞を頂きありがとうございます。現在、全く関係のない世界で働いておりますが常に夢と可能性を与えてくれる宇宙開発の動向を関心を持って見ております。特に日本の宇宙ロボット技術は世界トップレベルであり、益々の発展を期待するとともに、本論文で紹介している制御方法が広く活用されることを期待しています。今後機会があれば、宇宙ロボットの発展に貢献できるような職業に従事し、励んでいきたいと思っております。
[橋詰健一]

「ETS-?(おりひめ・ひこぼし)では多くの方が実験に参加され、多くの成果をあげていますが、小生もETS-?の打ち上げ前に執筆した論文(衛星搭載ロボットアームと衛星姿勢の協調制御―ロボットアーム動作時の衛星の姿勢安定の保証―)でより論文賞(日本ロボット学会)を頂きました。今回、ETS-?での実験結果を基にした論文で再び論文賞を頂き非常に光栄です。
[小田光茂]

<論文賞>

受賞内容

「外乱収束性能を最適化したモデル追従制御則 ―MuPAL-αの横/方向運動制御への適用とその飛行実験結果―」

受 賞 者

佐藤昌之
「航空宇宙技術研究所 (現 宇宙航空研究開発機構)」

受賞
コメント
「この度は日本航空宇宙学会論文賞を頂きありがとうございます,今後もその名に恥じぬような研究を続けていきたいと思います.また,航空機制御の研究者の方々が,MuPAL-αを使って自分たちの理論を実証することにより,航空機制御技術がより発展していくことを期待しております.
最後に,この研究に協力していただいた川崎重工業,ジャムコ,旧飛行システムセンターの方々に深く御礼申し上げます.
[佐藤昌之]

<奨励賞>

受賞内容

「有翼宇宙往還機打ち上げ形態における結合部弾性モードが影響するフラッタ」

受 賞 者

神田 淳
「航空宇宙技術研究所 (現 宇宙航空研究開発機構)」 

受賞
コメント
「未知のフラッタ現象の特性を数値解析および実験により解明できた上に、学会賞まで頂くことができ、研究を続けてきて良かったと思っております。研究をとりまく環境はだんだんと厳しくなってきていますが、これを励みとして、今後新たな研究テーマに挑戦していきたいと考えています。ありがとうございました。」
[神田 淳」

<奨励賞>

受賞内容

「X線透過法による小型固体モータにおける侵食燃焼効果の精密測定」

受 賞 者

長谷川 宏
「東海大学大学院工学研究科 現 日本油脂(株)」

受賞
コメント
この度は当論文に奨励賞の評価を頂きありがとうございます。
当論文では、X線を用いた燃速測定法に関して一応の確立を達成させてはいるものの、侵食燃焼効果予測式に関しては多くの課題を残す結果となりました。成果どころか、新たなパンドラの箱を開けてしまったにすぎない感がしてなりません。今後も負けずにこの複雑怪奇な現象に立ち向かっていきたい所存でございます。その後 AIAA paper 2003-4812 に続報を発表いたしましたのでなにかの折りにご一読頂ければ幸いです。
[長谷川 宏] 

<奨励賞>

受賞内容

「次世代超音速輸送機主翼の超音速と遷音速巡航の多目的最適化」

受 賞 者

佐々木大輔
「東北大学大学院工学研究科 (現 東北大学流体科学研究所)」

受賞
コメント
この度は名誉ある航空宇宙学会奨励賞を頂きありがとうございます。学生時代に取り組んできた超音速旅客機の空力設計法に関する研究が評価され、非常に嬉しく思います。今回頂いた賞を励みにして、今後もいっそうの努力を重ねていきたいと考えております。この度は本当にありがとうございました。 
[佐々木大輔]

<技術賞>

受賞内容

「マイクロ波放電式イオンエンジンシステム」

受 賞 者

國中 均
「宇宙科学研究所 (現 宇宙航空研究開発機構)」

堀内康男
「NEC東芝スペースシステム(株)」

船木一幸
「筑波大学 (現 宇宙航空研究開発機構)」

西山和孝、清水幸夫、都木恭一郎、川口淳一郎、上杉邦憲
「宇宙科学研究所 (現 宇宙航空研究開発機構)」

高見剛史
「三菱重工業(株)」

受賞
コメント
宇宙技術先進国に追従するのみに終始しない技術開発を目指し、学生を交えた基礎研究から始めて宇宙飛翔にまで到達しえたことは望外の喜びです。ご協力頂いた関係各位に感謝申し上げます。本技術の宇宙開発への貢献をお約束すると共に、動力飛行による「惑星間大航海時代」を切り開く電気推進の発展に今後とも努力します。
「國中 均」

<技術賞>

受賞内容

「M-Vロケットの開発研究」

受 賞 者

M-V開発チーム
「代表 小野田淳二郎(宇宙科学研究所(現 宇宙航空研究開発機構)」

受賞
コメント
 

▲ 戻る

 
point.jpg 第12回(平成14年度) 受賞者一覧

<論文賞>

受賞内容

「Developmental History of Liquid Oxygen Turbopumps for the LE-7 Engine」

受 賞 者

上條謙二郎
「東北大学  流体科学研究所」

山田 仁 
「航空宇宙技術研究所 角田宇宙推進技術研究所」

坂爪 則夫 
「宇宙開発事業団 宇宙輸送システム本部」

藁科 彰吾
「石川島播磨重工業 (株)宇宙開発事業部」

受賞
コメント
「この論文はH-2ロケット8号機の失敗の主原因が液体水素ポンプ・インデューサにあったことで、特にターボポンプの担当者を激励するため、ならびに諸外国に、我が国のターボポンプ技術は捨てたものではないことを再認識してもらうために書いたものであります。したがいまして、この論文が受賞論文になったことに少し驚いています。受賞講演でもお話ししましたように、この論文はすでに発表した幾つかの論文を考察を加えながらまとめてものであります。この論文に引用している著者等の論文には、力作もありますので、興味を持たれる方は一度読んで頂きたいと思います。」
[上條 謙二郎]

「日本でロケット用極低温ターボポンプの開発が始まってから約30年が過ぎました。今回の受賞は、この分野に長く係わってきた上條先生を中心とした専門家の技術力および成果に対して与えられたものと考えており、私自身としてはIHI社内の大勢の関係者を代表していただいたものと感謝しています。」
[藁科 彰吾]

<奨励賞>

受賞内容

「超小型衛星CubeSatの開発」

受 賞 者

東京大学 CubeSatチーム

東京工業大学 CubeSatチーム

受賞
コメント
この度は日本航空宇宙学会奨励賞という名誉ある賞を頂きありがとうございます。
CubeSatも6月30日に無事打上げとなり、運用とその成果を次に還元することを楽しみにしいる次第です。これからも、宇宙工学における新しいパラダイムを創生するような研究開発を行って参ります。
[東京大学/東京工業大学CubeSatチーム] 

<技術賞>

受賞内容

開発風洞試験のための感圧塗料技術の開発」

受 賞 者

浅井 圭介,神田 宏,飯島 由美,杉浦 裕樹
「航空宇宙技術研究所」

真保 雄一,石黒満津夫,小松 信義
「三菱重工業(株)」

受賞
コメント
[学会の技術賞が風洞計測技術に対して贈られたのは、今回が初めてではないかと思います。この技術の将来性を信じて研究開発に従事してきた私達にとって、このうえない喜びであるとともに、大きな励みとなりました。本技術が今後、我が国における航空機やスペースプレーンの実機開発に広く活用されることを期待しています。」
[浅井 圭介] 

<技術賞>

受賞内容

「多目的実証実験機(MuPAL-α)の開発」

受 賞 者

坂東 俊夫,塚野 雄吉,増位 和也,石川 和敏,稲垣 敏治
「航空宇宙技術研究所」

前川 昭二,辻本 ,辻 浩敏,篠田 直正
「川崎重工業(株)」

受賞
コメント
「この度は日本航空宇宙学会技術賞を頂き、たいへん名誉なことと感謝しております。今回の受賞を大きな励みとして、MuPAL-αによる実証的研究を通して航空宇宙技術の発展に全力を尽くす決意を新たにすると共に、幅広い分野に柔軟に対応できる飛行実験設備としてより多くの方々に利用していただくことができるよう努めてゆく所存です。
[増位 和也]

▲ 戻る
プリンタ用画面