(社)日本航空宇宙学会

特殊航空機部門

更新:2012.3.15


 水上機・飛行艇、V/STOL、オートジャイロ、滑空機、飛行船、気球、ACV(Air Cushion Vehicle、ホバークラフトやWIGを含む)、特殊形態機、UAV(無人航空機)、ULP(超軽量動力機)など、通常とは異なる種々の航空機、移動体を取り扱う部門です。 これら特殊航空機の、機体技術ばかりでなく運用技術に関わる諸問題について、情報交換の場を講演会や学会誌などを通して提供するとともに、特殊航空機に関して学会だからこそできるような活動について検討してゆきます。
 会員からの要望などを踏まえ、今年度は

  • 国内の無人機を使った飛行試験の集計調査など
  • 鳥人間コンテストの継続的実施のための協力のあり方など
について部門委員会として検討したいと思っています。

最新情報
第50回飛行機シンポジウムの案内
第41期委員名簿掲載


1.第50回飛行機シンポジウム(2012年11月5日(月)〜7日(水))
  


2.第41期(平成21年度)特殊航空機部門委員会
  委員名簿



  トップページに戻る