日本航空宇宙学会

宇 宙システム・技術部門

Last update: 2008.6.11

最新情報

- CMG (Control Moment Gyro)制御則設計コンテスト終了しました。 (2008年4月)



宇宙システム技術部門 について

管轄する専門分野および活動の定義

宇宙空間および地上支援・運用ミッションの中で、宇宙機システムとしての科学・実 用衛星、宇宙ステーション、軌道輸送・軌道変換機等をその技術適用分野とし,構造、熱、機構、制御、材料、信頼性等の多くの技術専門分野を網羅する。

新たな技術適用分野の開拓と、革新的な宇宙機システムの創造を目指し、開発プロ ジェクトにおける技術検証と次の世代への継承、将来への課題の抽出と研究開発への展開を導く。これにより、技術専門分野の活性化、技術の発展的な継承、そ して技術の循環を図る。また、大学宇宙教育の拡大の中で、産の果たすべき役割について考える。

In space mission, ground support, and operation, we involve application satellite, explorer, space station, launcher, orbit transfer vehicle et al., as our application field.  Our application field encompasses many technology fields such as structure & materials, structural dynamics, thermodynamics, mechanics, guidance & control, navigation, and reliability.

Aiming at the creation of a new technological application field and the innovative spacecraft system, we lead technological verification in development project and succession of the technology to the next generation. And we find out the issues to be considered for the future research and development. Consequently, we aim at the activation of a technological specialized field, progressive succession of the technology, and the circulation of the technology. Moreover, we think how the space industry should play in the expansion of the university space education.


学会誌の委員長ひとこと

最近の宇宙システム技術部門 委員会は、産学官の中でも製造者や事業者等、「産」のメンバが委員長を務めております。宇宙産業は市場拡大の足がかりを得るのに奔走し、厳しい状況と言え ますが、2年間の活動の中で一つでも新しい答えを見つけ出し、それを次へ繋いで行く事を目指して活動を進めようと 思います。



2008年度部門関連予定


2008年7月〜10月 第16回衛星設計コンテスト
2008年11月5日〜7日 第52回宇宙科学連合講演会@淡路島

過去の活動



第40期部門委員